/ / /

私たちは、『子どもたちの夢の実現』を目指します。

私たちが暮らす社会の中には、不登校問題やひきこもり問題、ニート問題、いじめの問題等、子どもたちを取り巻く問題が数多くあり、色んな形でその問題性が表面化し、日々の生活の中で、様々な悩みを抱え、生活する子どもたちがたくさんいます。

また、昨今注目が高まっている問題性として、『インターネット依存』が挙げられます。
文部科学省では、子どもの『インターネット依存』への対策として、青少年自然の家等の公共の教育施設を活用し、合宿を実施する等、一定期間インターネット環境から、離れて生活させることによる『インターネット依存』から脱却する方法が検討されています。
さらに、2014年度の概算要求にも、インターネット依存対策に関する事業を行うためと盛り込まれました。

その後の調べでは、インターネット中毒状態にある中高生は、推定51万8,000人にのぼるともされ、依存度の高まりから、睡眠不足(質の低下)や昼夜逆転などへの生活に支障をきたすようになり、不登校やひきこもり問題への影響も叫ばれるようになっています。

『子どもたちに関わる問題』は、一言で捉えられるものばかりではなく、行政・民間双方が色々な角度から捉え、働きかけを行っていかなくてはなりません。

そうした背景から、私たちは、悩まれている方々への支援手法について、学識者の方々にもご指導を頂きながら、より良い支援手法を研究し、さらには、インターネット依存についても、「いじめ・不登校問題」との関わり合いを踏まえて、対処していくことを目的とし、『一般社団法人エイトサポート総合研究所』の設立に至りました。

私たちは、各関係団体や各界各分野の専門家、行政、地域団体とのネットワークを構築し、このネットワークを活かした情報提供やアドバイス、支援手法の研究などにより、未来を担う子どもたちが笑顔で暮らせる社会となるよう、『子どもたちの夢の実現』を理念に日々取り組んで参ります。

What's New

学識者からの推薦の言葉

/


copy

子どもの気持ち。子どもと接する「おとな」の心のカウンセリング。 私たちが未来のためにできることをお手伝いしています。

QEST 父親力・母親力を診断するPVCLの簡易版、無料「親力」チェックツールがリリース
されました。全12問のカンタンなテストで、あなたの「親力」を診断。
ご利用は、右のバナーをクリック!!